ドローインって知ってますか?お腹を凹ます必須トレーニング

ドローインはお腹周りをスッキリさせる簡単なオススメトレーニング!

産後や加齢によるぽっこりお腹が気になるという声がとても多く相談されます

体重の数字が減ればいいわけではなく、全体的に引き締まった、見た目が良いボディラインを作ることをTSUNAGU〜つなぐ〜では得意としています

そこで、ぽっこりお腹をスッキリさせ、姿勢が良くなることで綺麗なボディラインをドローインで作っていきましょう

特別な技術もいらず、運動が苦手な人でも手軽にできる、ドローインについてブログにまとめます

初めての方は是非参考にしてくださいね

トレーニングの全ては正しいやり方を守らないと効果が出ません!

必ず一度は指導を受けてみましょう

 

 

身体の内側から鍛える

内臓の周りにある筋肉(インナーマッスル)を鍛えることは内臓の働きを活性化してくれる

  • 内外腹斜筋(ないふくしゃきん)
    お腹の横、斜めにある筋肉
  • 腹横筋(ふくおうきん)
    内腹斜筋のさらに奥にあり、お腹の一番奥にある筋肉
  • 呼吸筋:肋間筋、横隔膜
    肋骨間にあり、呼吸に関わる筋肉
  • 多裂筋(たれつきん)
    背骨に沿って走る、腰部(メイン)から首まで伸びている筋肉
  • 骨盤底筋(こつばんていきん)
    お腹の臓器を支える筋肉、靭帯

表からは見えにくく、普段意識することも少ないけど、

これらが衰えてくるとお腹がぽっこりでてきます

普通の筋トレではなかなか鍛えられないため、ここでドローインが必須となってくるわけです

「ドローイン」とは

簡単にいうと、「お腹をへこませたまま呼吸をする」というトレーニング
特別なテクニックみたいなのは必要なく、運動が苦手な人でも割と出来ます!

インナーマッスルを鍛える

ドローインはお腹を引っ込めたまま呼吸をすることによって、一番奥にある腹横筋までを収縮させます

お腹の周りの筋肉(インナーマッスル)は骨盤の動作に関わったり、内臓を支えています。

一般的な筋トレではなかなか鍛えることが出来ないので、ドローインは「呼吸」を利用しながらインナーマッスルに働きかけて、身体の深い部分を鍛えていくことが出来るんです

ドローインの3つのメリット

 

1.いつでもどこでもすぐできる

ドローインは寝てる時でも仕事中に椅子に座ったままでも、どこでも出来るのが魅力。

思い立った時に、いつでも出来る

朝起きた時や、夜寝る前に布団の中でやってもいいですし、電車の中で立ったままでもできるので、通勤時間でもトレーニングが出来てしまいます。

2.誰でも出来る

運動そのものが苦手だと、なかなかやる気がでません

ドローインは運動神経に関わらず、運動が苦手でも嫌いでも簡単にできる

3.時間もお金もかからない

忙しい毎日の中で、運動する時間をあえてとるというのが一つの壁とも言えます

ジムに行く時間もない、仕事から帰ってきてウォーキングに出るのは面倒

ジムに通うとなるとお金もかかります

ドローインならいつでもどこでも出来るので、時間もお金もかかりません

ドローインの3つの効果

1.ぽっこりお腹を解消

腹筋運動をいくら頑張ってもなかなか効果を実感できないのはアウターマッスルしか鍛えられないから

女性は特に腹筋が弱くなりがちなので、ドローインでのトレーニングを行うことで、スッキリしたお腹を手に入れられます

腹斜筋を意識してしっかり動かしていけば、きゅっと引き締まったウエストのくびれもできるでしょう

2.姿勢が良くなる

猫背になっている方は肩こりの原因となりやすい

ドローインでコルセットの代わりとなる筋肉を鍛えることで

骨盤が立ち上がり、背筋がすっと伸びて、姿勢が良くなります。

 

3.腰痛の予防になる

腰痛の原因は様々ですが、腹筋が弱っていることも原因のひとつだといわれます

腰に負担をかけることなくできるドローインでインナーマッスルを鍛えると、コルセットの代わりとなる筋肉ができます

 

 

 

 

ドローインの正しいやり方

ドローインは様々な姿勢で行う事ができます

  1. 仰向けに寝る
  2. 立つ
  3. 座る
  4. 四つ這い

 

仰向けに寝て行う方法

初めての方は仰向けに寝て行う方法がおすすめ

インナーマッスルの腹筋を手で押さえしっかりと意識しやすいからです

いつでも寝たまま行える方法

  1. 仰向けに寝て膝を立てます。
  2. 何度か大きく腹式呼吸をしてお腹を動かします。
  3. 息をゆっくり吐きながらお腹をへこませていきます。おへその下辺りに両手を当てます。
  4. 息を吐ききってこれ以上はお腹がへこまないというところまでいったら、手を当てている下腹部の奥の方で筋肉がググッと硬くなるかを確認します
  5. その状態をキープしながら浅い呼吸を繰り返します。
  6. 10~30秒キープしたら元に戻します。慣れたらもっと長くできるように挑戦していきましょう。

お腹の真ん中ではなく、左右に手を当てておくと、お腹の動きがよく分かります。

この寝た姿勢を基本として、筋肉の収縮を感じることができたら他の姿勢でも同様の方法で

行ってみましょう

 

 

==============================

ー TSUNAGUのパーソナルトレーニングでできること ー

針灸治療の料金など こちら

骨盤姿勢矯正の料金など こちら

お得なHP限定クーポンは こちら

 

豊明の整体・骨盤矯正・鍼治療のできるおすすめの接骨院は

針灸整骨院 TSUNAGU〜つなぐ〜 

最寄駅:前後駅・豊明駅

酸素BOX完備

交通事故治療・保険治療 対応致します

皆様の口コミのご協力で励みになっております、よろしくお願い致します

口コミはこちらから

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA